雨漏り

ビートルは後ろにエンジンがあるので、トランクはフロントノーズの中になります。
そのトランクスペースに予備タイヤがあるのですが、
先日、タイヤ交換の際に予備タイヤを出してみたら、水がたまっているではないですか。
どこから漏れているのか 観察してみましたが、怪しいところがありました。
すりっと

フレッシュエア入口
後期型のフロントにはフレッシュエアの取り入れ口(スリット)があるのですが、
その下のケースの中にはブロワファンやワイパーモーターが収納されています。
水も入る作りなので水抜き穴もあります。
このケースには当然カバーもあります。
ふた
そのカバーに付いているパッキンから水がにじんでいたので、
水漏れの原因はここのようです。
長年の使用でパッキンが硬化したり、水抜き穴に埃が詰まったりして
流れが悪くなり水漏れを起こしたのでしょう。
対策として、もともと付いているパッキンをきれいに剥がして、
新しくパッキンを貼り付けました。
これでも水漏れが止まらないので、浮いている部分にシリコンコーキングを塗り
やっと漏れなくなりました。
うちは青空駐車なので雨対策は必須です。
関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村