点火コイルの電源

点火コイルの電源をリレーを使って強化してみました。

点火コイル電源リレー
もともとコイルのプラスにつながっている線を信号線とし、新しくオルタネーターB+端子から電源を持ってきました。(バッテリーから取るのが面倒だったので・・・)

電圧 3
その結果、確かに爆発力がアップしたような感じで以前より力強くなった気がします。
が、エンジンを切る時、少しだけ余分に回って止まるようになりました。
ちょうどキーOFFにした時にGランプが点灯してまた消えますが、それと連動したような止まり方です。

点火コイル配線図
配線図を見てみると、オルタネーターのD+からGランプにつながる配線と点火コイルの+線がいろいろな所を介してつながっています。それで、キーOFFにした時にオルタネーターからの電気がGランプを点灯させてさらにリレーのスイッチを一瞬ONしてからやっとエンジンが止まるようです。

あちこちのサイトでそのような事が起こりうる事は記事を読んでいたので覚悟はしていたのですが、すっきりしない止まり方が気持ち悪いのでダイオードを入れてみました。
ダイオードは永井のセミトラKITに付属していたものを使用しました。
ダイオード(流用)

ダイオード取り付け

ダイオードの取り付け方はこちらのサイトを参考にさせてもらいました。
とてもいいアイデアだったので思わずマネしました。。。

結果は、以前のようにスッキリ止まるようになりました。成功です。
キーOFFした時にGランプも点灯しません。これも当たり前か・・・


しかし、今の時代はネットがあるから便利ですよね。
やってみたい事を事前に調べて簡単に情報収集する事が出来るので素人にはとても助かります。
まだまだやってみたい事はたくさんあるしネ。。。


関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村