低速走行時のしゃくり

最近、通勤時の渋滞中にアイドリング+αくらいの回転で1速や2速で進んでいる時、
車が前後に揺れるしゃくりに悩まされていました。
以前にキャブ調整が薄かった時にこんな感じになっていたので、
少し燃調を濃くして様子をみていましたが、ぜんぜん変わりません。

いろいろネットで調べてみたら、低回転時のしゃくりは電気系統が原因ということが多い。
とのことなので、試してみました。

まずは、コンプレッサーが邪魔で
非常に開けにくいデスビキャップを外して、ポイントギャップの調整。
ポイントギャップ
0.4mmに。

ローターといつから使っているかわからないデスビキャップは新品に交換。
ローター交換
左:旧(抵抗0タイプ) 右:新(ボッシュの標準品)

見た感じ痛んだ様子もなさそうなデスビキャップ。
デスビキャップ交換
左:旧 右:新

交換後は点火時期を調整。
点火時期調整1.16

ドエル角1.16

アイドリング1.16
最後にアイドリングを調整して終了。


で、走った感じは最近では一番いい感じです。
バタバタ音が軽い音になりました。



で、肝心のしゃくりは
少し軽減されたような、あんまり変わっていないような・・・



次はタペット調整してからキャブ調整しなおしてみるか。。。

関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村