リョービのポリッシャー改造

車磨きや木材の研磨も出来るDIYの入門機種として手頃な価格で人気のあるリョービRSE-1250のサンダーポリッシャーを改造してみました。

改造といってもブレーキパッドという部品を取り外すだけですが、これを撤去すると研磨力が大幅にアップするというものです。


RSE1250
パッドは4本のプラスネジで止まっているので外します。


パッドを外すとブレーキパッドという部品が出てきます。
RSE1250ブレーキパッド
汚れて白くなっていますが元は黒いゴムです。


RSE1250ブレーキパッド外し
これはゴムの溝が本体にはまっているだけなので簡単に外れます。


これを省略するだけでパワフルになるという改造です。


実際に使ってみましたが、確かに抵抗なく回るし、パワフルになったとも思いましたが、木材の面取りをするといきなり深く削れて、その後に均一にならそうと押さえつけると急に回転数が下がって扱いにくくなってしまいました。。。


車磨き限定なら良い改造かもしれませんが、私は木工にもよく使うので、扱いやすい方が良いのでまた元に戻しました。


今回やってみて、メーカーはいろんな用途に対応できるように工夫して作っているのがよくわかりました。




関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村