テールランプの補修

昨日補修したテールランプですが、インサートナットの代わりに石膏ボード用アンカーを埋め込んで使用可能となりましたが、
樹脂部分が割れたままなので、ポリエステル樹脂を流し込んで補強をしました。


テールランプ樹脂補強1
以前にコンソールボックスを作るのに使った樹脂の残りです。
促進剤、硬化剤を入れて使うタイプで 今の時期なら30分くらいで硬化します。


テールランプ樹脂補強2
ボードアンカーが空回りしないように中までたっぷりと流し込みました。
本来ならガラス繊維と併用するのですが、今回は接着補強のつもりなので繊維は使っていません。


テールランプ再タップ
硬化後に確かめてみたら、予定通りネジ穴まで埋まってしまっていたので、再タップしておきました。
ネジも問題なくまわせるので補強は完了です。


ついでに、朽ち果てていたガスケットを交換しておきました。
専用品ではなくホームセンターで入手できるシール付きウレタンテープを流用しました。
出来るだけ細い物を探しましたが、厚さが3mmで幅が8mmのタイプが最小でした。
これでも溝幅よりはみ出すので、内側にはみ出すように貼り付けました。
テールランプパッキン
レンズカバーを付けてもしっかり密着するので雨水の侵入は防げそうです。
これで雨対策もばっちりです。


テープランプを無理やり外して壊した時は正直焦りましたが、普通に使える状態に戻すことが出来てほっとしています。



関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村