集塵機が欲しい・・・

よく外で木工や鉄工をしていると、あとの掃除がけっこう大変です。
風が吹けば木屑は飛んでいくし、鉄粉を放置しているとすぐコンクリートの地面が錆色に染まります。。。

ずっと集塵機が欲しいと思いつつも他に欲しい物があるとついつい後回しになってしまいまだ買えていません。
この前ネットで集塵機を探していたら面白そうな物があったので、ついつい買っていまいました。


サイクロン集塵機自作用パーツ。
アマゾンで2139円なり。
集塵機パーツ
アマゾンでの評価が良かった事と、
この手の部品はペール缶の蓋の上に取り付けるものが多いのですが、これは蓋に埋め込むタイプなのでコンパクトに製作できそうなのが決め手でした。


こんな物を買うくらいなら最初から完成した集塵機を買えば良さそうなものですが、買ってしまったものは仕方ないので早速作ってみました。


ペール缶の蓋にハサミで大雑把に穴を開け、
ふた穴あけ1

ケガをしないようにベルトサンダーでかえりを取って、
ふた穴あけ2

本体を取り付けてみました。
サイクロン埋め込み2

ホースは一緒に買っていたのですが、
肝心な動力源がありません。。。

仕方ないので充電式ブロワを付けて試運転することにしました。
集塵機ブロワ接続
口径が違うので塩ビの継ぎ手の径を無理やり広げて接続です。

集塵機ブロワ試運転
私のブロワは丸ノコみたいにスイッチを押しっぱなしにできないので、苦し紛れのクランプ固定。

試しにその辺の切り屑を吸ってみました。
集塵機試運転2
おっ!ちゃんと吸っています。

ちょっとパンチが足りない気がしましたが、蓋が緩めで空気が漏れているのでしょう。
ペール缶と蓋の間にパッキン等を入れてしっかり気密を保ってやれば良くなりそうです。
あとは、肝心の動力源ですが、中古でもいいから欲しい。。。

物欲は不滅です。。。


関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村