ストラットで遊ぶ(5.純正ショートストラットを組み付ける)

先日ショート加工した純正ストラットの続きです。


純正ケースとEMPI比較
EMPIのロワードの皿を最上段にセットした時と純正ケースの比較は
純正の方が皿下が約10mm長い。言い換えると純正の方が約10mm皿が上です。


バネの長さが同じなので、予想通りEMPIの時より約10mm車高が上がる結果となりました。
純正ショート1

純正ショート2
純正の車高より少し低くなった程度です。
本当はもう少し下げたかったのですが、このケースで車高を調整するにはバネの長さを変えるしかありません。
前に切ったのは少し短すぎてタイヤがフェンダーに当たるので、今回はこれで良しとします。

でも、あまり低くならなかった分、乗り心地は最高です。
死んでいたショックと違い異音もまったくナシ。
やっぱりショックは消耗品ということですかね。
しばらくこの状態を満喫しよう。



関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村