ストラットで遊ぶ(2.ばね切りストラット装着)

先日ばねを切って組んだストラットを車に付けてみました。


まずは取り替える前に現状を確認。
EMPI車高 上から2段目
EMPIの車高調整ストラットを皿の位置を上から2段目で使用していた時の車高がこれです。


そして外したEMPIのロワードストラットとの長さ比較。
純正とEMPI比較
全長が7センチくらい違います。
これが装着後どのくらい変わるのか楽しみでさっさと取り付けました。


ばね切りストラット取り付け後がこれ。
カットサス装着後1
全長が7センチくらい長いのにこっちの方が下がるのが不思議でしたが、EMPIより約1センチ下がりました。


その後、試運転。

車高がそんなに変わっていなかったので無調整で乗ってみたら、
何か違和感がすごい。。。
乗りだしてすぐにゴトゴト変な音がするし、
ショックが完全に抜けているのかぴょんぴょん跳ねるし、
スピード出してみたら80kmくらいから過去にないほどハンドルがぶるぶるするし。


家に戻ってまじまじと車を見ると、超トーインになってました。
メジャーでタイヤの芯々を測ると10センチくらい前側が内向きでした。
これで10kmも走ったかと思うとゾッとしました。


すぐEMPIに戻してもよかったのですが、
せっかく付けたので、もう少し遊んでみる事にしました。


見た目にキャンバーもだいぶ変わっていたので調整しました。
キャンバー調整2018年5月


キャンバーを決めて1回着地した後 トーを測ってから調整しました。
トー調整2018年5月
この後、走る、調整を3回ほど繰り返して何とかハンドルセンターと直進性を確保しました。
でも異音とぴょんぴょん跳ねるのは変わらずそのままで、こんな不快な走りは初めてです。。



★★★結論★★★

1.ばねを切って車高を落としても良い事はない。
(しっかりした少し硬めのショックだったら もうちょっとマシだったかもしれませんが・・・)
 それから、切るにしても、段階的に様子を見ながらの方が良かったですね。 

2.EMPIのロワードストラットは非常によく出来ている。
(車高を下げる前提でのショートストロークショックなので、少し硬めだけど、そんなに乗り心地も悪くない)
 なんだEMPIかぁ・・・と、心のどこかで残念くらいに思っていましたが、外してみて良さがよくわかりましたよ。


ということで、今回は良い勉強になりました。
知識のない素人が闇雲に触らない方がいいという事でした。


でも、

あともう1セット純正ショックがあるから懲りずにまた組み替えて遊んでみます。
そしたら、ショックの良否の違いがわかるかもしれないですしね。








関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村