キャブ調整

先週の月曜日、少し寒くて今季初の朝の冷間時エンスト。
その時の車内の温度計は7度。外は5度くらいか。
これくらいの気温でエンストしていたら冬本番は乗り切れません。
毎年寒い季節の悩みの種ですが、
今年は点火をポイントレス&MSDストリートファイアーに交換したばかりなので、
原因はキャブの調整不良でしょう。

エンストした時のキャブの設定は
パイロットジェット#60
メインジェット#140
フロートバルブワッシャー0.7mm
だったのですが、
いろいろ設定を変えてみました。

メインジェットを交換したかったので、キャブを外してバラシました。
キャブメンテ20171112

まず、ノーマルエンジンには濃過ぎと思われるメインを#135に下げておきました。

そして、パイロットジェットを#65や#55に替えてみたりしてエンジンかけるも始動直後が何か不安定。
今回キャブのカバーのパッキンをOHキットの物に替えたのですが、これがもともと付いていたやつより0.3mmほど厚いのです。
油面がわずかに変化したので始動直後のアイドリングが不安定になったのでしょうか?
結局パッキンは元のやつに戻し、最後にフロートバルブのワッシャーを0.5mmに変えると始動直後の不安定は治まりました。

最終的に
パイロットジェット#55
メインジェット#135
フロートバルブワッシャー0.5mm
となりました。

これでしばらく様子をみてみます。
まだエンストするようなら その時はまた設定の見直しです。




関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村