クーラーのプーリー交換(2回目)

毎日暑くてバテそうです。
ビートルはクーラーが大活躍です。
非力な車なのでエンジンへの負担を考えて2年前にクーラーのプーリーを小径化したのですが、
まだコンプレッサーONの時はエンジンへの負担が大きく感じます。


クランクプーリー穴加工
回り止めの穴位置の関係で、小径化にも限界がありますが、
もう少し小さく出来そうだったので、加工屋さんに製作依頼しました。
忙しいのに無理を言って急ぎで作ってもらいました。


プーリー小径化2
今回は外径Φ95にして前回の物よりΦ11小さくなりました。
クーラーKIT付属の物と比べると25%ほど小さくなりました。


早速取り付けてエンジンをかけてみるとすごくブレています。
外してよく見るとボルト穴径を間違えて発注していました。
仕方ないので、家にあった1mm厚のアルミ板でスペーサーを作り無理やり嵌め込みました。
プーリーボルト穴調整


再度取り付けてエンジンをかけると、今度はブレもなくキレイに回りました。
プーリー小径化第二弾
小径化に伴いテンショナーの辺りでベルトがヒーターホースに当たりそうです。
少し短いベルトをモノタロウに注文しておこう。



関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村