バルブクリアランス調整 後

バルクリ準備3


昨日バルブクリアランス調整してからの感想ですが、

まず、
調整前は、エンジン始動直後、ブルブルと不安定で、しばらくアクセルを踏んでいないとエンジンが止まりそうだったのが、

調整後は、エンジン始動直後、回転は低いもののアクセルから足を離しても静かに回っています。

それまでは始動直後にアクセルから足を離すと、チャージランプが付いていたのが、調整後はアクセルから足を離してもチャージランプは点灯しません。

そして、エンジンが温まってからは、アイドリングがスムーズで音も静かになりました。


今までは、この車は年齢のわりに調子が良いと思っていましたが、今回調整してさらに良くなりました。

やっぱり基本メンテは大事なのですね。



   本当は、バルブカバーからのオイル漏れがひどかったので、パッキンを変えるのが一番の目的で、
   どおせカバー開けるのならついでにバルブクリアランス調整しとこうか くらいのノリだったので、
   こんなに効果があるとは 思ってもみませんでした。



あとは、冬に調子の悪かったオートチョークを今年はなんとかせねば・・・



関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村