カットオフバルブ交換

昨日、アイドリングしない病が再発して車屋さんに診てもらったら、現在付いているカットオフバルブは新品と比べるとかなり高い抵抗値で正常に通電しない状態になっていたそうです。
この前はただ単に端子の接触不良かと思ったのですが、結局カットオフバルブがご臨終前だったようです。

手持ちのカットオフバルブが正常ならそれを使うつもりで渡していましたが、こちらは新品とさほど変わらない抵抗値だったみたいで正常と判断し、これに交換。
純正カットオフバルブ

なんやかんやで古くても純正部品が一番ということでしょうか?





関連記事

コメント

1303S

No title
こんばんは。

カットオフバルブを純正部品に戻してから始動時の白煙(黒煙)が出なくなりました。
たまたまかもしれませんが不思議です。

私もいろいろありまして転職しました。
普通なら正社員の採用は無理な年齢ですが、知人の紹介&前職と関連のある業種なので採用されました。
まだ会社にも仕事にも慣れないのでリズムが掴めず疲れます。


溶接の試験、合格おめでとうございます。
私の前職はプラント配管屋だったので、職人が毎日遅くまで練習していたのを思い出しました。
やっぱり同じ仕事をするにしても資格が物を言う時代なので合格して良かったですね。

ほんと、今まで何回も転職しましたが、そのたびに精神を病みそうです。
お互いいろいろあると思いますが、頑張りましょう。
では また。

toisi

こんばんは
 アフターのパーツはいっぱいあるけど、すぐ使えなくなるなら意味が無いですね。日本で高精度なパーツを作って欲しいけど、今はメキシコとか多いですよね。VW屋が言うにはジャーマン製といって実は中国製というのも多いらしいです。これで安定すると良いですね。
 ところで転職したんですか、前職と同じ業界?色々事情はあるでしょうが、応援しております。自分はやっと慣れてきた所です。一応溶接の試験も合格しまして、落ち着きましたが、エアコン完備の工場では無いので毎日クタクタです。未経験で若くも無いのですが、給料も前職よりさほど下がらなかったので、助かりました。
 ただ、年配の方が多いので人間関係も善し悪し・・といった所です(笑)
非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村