フロア浸水の原因

以前からやろうやろうと思っていた雨漏りの原因究明。
今日やっと出来たので報告を。

まずは現状の画像。
フロア浸水2
黒い部分と白い部分の境目が浮いています。

ここをマイナスドライバーでほじくると、
穴だらけ
シールが浮いてさび&穴だらけ。。。

穴だらけ2
とりあえず錆止めを塗ってみたら穴がよく見えるようになりました。

どう処理するか悩んだあげく、
下地メッシュ
隙間にステンのメッシュを挟んで変性シリコンでシールすることに。

変性シリコン施工
メッシュを挟んだ部分の鉄板をよく叩いて馴染ませてからコーキングをたっぷり。

本当は溶接して裏側を錆止め対策するのがベストなのでしょうけど、素人なのでこんなもんです。

これで雨漏りが直ってくれたらいいけど。。。



関連記事

コメント

1303S

古いといろいろ大変ですね
おはようございます。
雨漏り、さび穴、アイシング・・・
古い車、バイクは手がかかりますね。
ホーンリレー、うまくいったみたいで良かったです。
リレーにハマりますよ(笑)

うちのキャブですが、この冬はあんまりアイシングに悩まされずに済んだのですが、結局のところ、バタフライシャフトの摩耗でそこからの二次エア吸い込みが一番の原因だったのかなと思っています。
私も純正キャブを諦めきれずに交換を躊躇しているので、まだまだ粘ってみます(笑)

toisi

こんばんは
 こんばんは、なかなか休ませてもらえませんね。
私も、先週助手席の後ろのフロアのカーペット下のフェルトが濡れて、フロアが錆びていました。よく濡れた傘を置くので、その水滴だと思いたい・・雨漏りだと侵入箇所を特定するのが難しいので。とりあえずPORと缶スプレーで塗りたくっておきました。少々の雨だと漏れなかったりするので判断が難しいですね。
 
 ホーンリレーの件ですが、効果はてきめんで、ほとんどの状況でしっかり鳴ってくれるようになりました。左にハンドルを切った時に、一瞬鈍い時がありますが、ここはやはりステアリングシャフトのガタが原因っぽいです。もうかれこれ2年近くも悩んでいたので、モヤモヤが晴れてスッキリしました。本当にありがたいです。ワーゲン屋のおじさんも感心してましたよ!
  
 XS650SPのキャブのアイシングですが、ツインキャブのせいなのか、インマニも短いし、そんなに気にならないですね。チョークは暖機時のみ効かせて、ちょっと暖まったら発進しちゃいます。アイドリング調整ネジが手の届く位置にあるので、最初は上げ目で、落ち着いてきたら、規定値に下げていく感じです。走れば走るほどアイドリングは落ち着いてきます。
 ただ、年々ガタがきているなと感じはします。バイク屋に言わせるとキャブは消耗品だから時期が来たら交換した方がいいらしいです。でも純正のキャブはなかなか捨てられないです。
 作りは全然違いますが、機能的には同じですよ。ただワーゲンの様にバイメタルのオートチョークではなく、レバー式の手動式チョークです。
非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村