クーラーのプーリーを小径化

どうしても夏の間にやっておきたかった事がありました。
いろいろ構想を練って今日やっと実現しました。

プーリー小径化
クーラーのコンプレッサーを回すプーリーを小径化しました。

クーラーは快適なのですが、コンプレッサーがONになると非力なエンジンには負担が大きく、ガクンとパワーが食われる感じです。
もともとのプーリーサイズが外径Φ126でコンプレッサー側と同サイズ。プーリー比1:1です。
駆動側を小さくすればその分エンジンの負担は減るはず。
で、たいした根拠もなく新しく作った物はΦ106。直径を20ミリ(約16%)小さくしました。
裏側に位置決めのピンを付ける事を考慮するとこれくらいが限度かなと思ってこの大きさにしました。
図面だけ自分で描いて、加工屋さんに製作をお願いしました。材質は相談した結果、A2024というアルミ合金に決定。


プーリーレンチ
安いプーリーレンチとファンベルトをモノタロウで買って、工具、材料の準備も万全です。
プーリー取付
プーリーレンチでしっかり固定して締め付けました。

プーリー交換
ベルトは以前より30ミリ短い物にしました。
(ワーゲンショップで買うとクーラー用のベルトは高額ですが、バンドーRPF3400はモノタロウで619円なり。安い。)

これで、完成です。

感想は、徐行中にコンプレッサーがONになった時のショックが緩和されました。
あと、アイドルアップの調整は何もしていないのですが、アイドルアップ量が少し増えました。
これも負担減の効果でしょう。
肝心の冷えも問題なさそうです。(今日はそんなに暑くなかったので参考にならないかも・・・)

構想から完成まで2ヶ月かかりましたが、クーラーを使うシーズン内に完成して良かった良かった。
大満足の自己満足です。





関連記事

コメント

-

秋雨
季節の変わり目だからか 雨よく降りますね。
やりたい事がある時に降られるとガッカリですよね。
私も屋根付きガレージに憧れます。せめてカーポートだけでもと思いますが、なかなか前に進まず・・・
さて、今日は何をしようかな。

toisi

こんばんは
 うーんすごい。さくっと引き受けてくれる加工屋さんを見つける人脈もすごいですね。
 自分も少し涼しくなってきたので、車いじりの時間を増やしていきたいのですが、最近は雨天が多く勢いを削がれるのがもどかしいです。屋根付きのガレージ欲しいなあ・・不具合や寿命のパーツも増えてきたので、ペースを上げていきたいです。
非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村