タコメーターふらふらの原因

相変わらずタコメーターがふらふらします。

エンジンは普通にかかるし、アイドリングも安定しています。
でも、一定速度で走行中や登坂でふらふらしたりします。
ポイントを掃除してもキャブを掃除しても相変わらず。。。
気にしなければたいした事ないのですが、
気になるので、予備で買っておいたコイルに交換してみることにしました。
ベル コイル
箱は赤いコイルですが、実物は青。

以前もボッシュの青色だったので、交換後も見た目は全く変化ナシ。
コイル交換20150830
大きな違いは、ボッシュは端子を固定する六角ナットが8。
でもこれは10でも9でもない・・・
インチサイズなのでしょうね。
そんなレンチは持っていないのでペンチで掴んで締めておきました。

試走ではタコメーターのふらふらは発症しなくなったので、不安定の原因はどうやらコイルだったようです。
しかし、壊れるような作りでもないと思うけど2年くらいで寿命がくるとは・・・
今度は長持ちして欲しいものです。。。



関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村