トー調整 完了

先日、左前輪のトー調整を行い直進性が改善したつもりでしたが、
もう少し微調整しようと思い今度は右側をアウト方向に調整してみました。
すると、また走行中に左側に流れ、ハンドルを右に切って直進するようになりました。

悩んだ末、前後のホイールベースを測ってみると、
左が右に比べて3ミリ短い・・・
後輪の車輪間を計るとトーイン3ミリ程度。
左後輪が内側を向いているようです。
だから前輪をいくら調整しても、左に流れるわけです。。。

過去にリアの車高調整などで何回かバラしたので、組み付け時にミスったみたいです(自分が・・・)

なので、今日はリアのトー調整を行いました。

以前、バラした時の画像ですが、
リア トー調整2
板バネとアームはボルト3本で固定されています。

リア トー調整1
板バネの方が長穴なので穴の範囲だけ調整可能です。
ボルトを緩めてプラハンマーで叩いて狙いの位置にずらしました。

タイヤを付けて測ってみると、ホイールベースの左右差がゼロになり、トーもゼロになりました。

図にするとこんな感じです。
前後トー調整

走ってみましたが、ハンドルセンターもバッチリで、手を放しても真直ぐ走ってくれるようになりました。
ストレスも解消して運転も楽になりました。

今日の整備は成果が出たので大満足でした。




関連記事

コメント

1303S

おはようございます
ジャッキとリジットラック購入されたんですね。いろいろ役に立ちますからね。

私は休みの日にはよく車の下に潜っているので近所の人から哀れみの眼差しで「大変ですね」みたいに言われます。
古いからよく壊れると思われているようですが、残念ながらビートルは意外なほど壊れませんね(笑)。

でも古いからこまめな点検は欠かせませんからジャッキと馬は必需品ですね。

これからも素人整備頑張りましょう。


toisi

こんばんは
ミリ単位で修正。でも大事な部分だから大切ですね。っていうか凄いですね。自分はジャッキとリジットラックようやく手に入れたので、タペット調整にかかります。やっとですが・・。
非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村