アース追加

GWだというのにどこにも行かずだらだらと過ごしています。
せっかく休みなのに酒飲んで終わりではもったいないのでビートルをいじります。

今日の作業はいわゆるアーシングです。
ビートルのアースは、バッテリーからボディー、ボディーからミッションケースにアースケーブルが繋がっています。
細い線は他にもありますが、太いケーブルで繋がっているのはこれだけです。
ミッションとエンジンはボルトで連結しているので省略みたいです。


今さらのような気もしますが、バッテリーからエンジンにアースを引きます。
使ったケーブルはオーディオ用のスピーカーケーブルです。
8sqと書いてあるのでこれくらいの太さがあれば大丈夫でしょう。たぶん。
ボディーに穴を空けるのが嫌なので、穴を空けずにエンジンルームに配線する方法を考えました。

ボディーとフレームを固定しているM8ボルトを長いものに交換し、バッテリーからそのボルトを介してエンジンルームに引くことにしました。
アース追加

アースボディー裏

セルモーターに行く配線の穴に無理やり通す事も可能だったのですが、大電流のプラスと同じ穴を通るのが気持ち悪かったので、ボルト連結作戦にしました。

アースエンジン
あんまりゴチャゴチャするのも嫌なので、控えめにこの位置に繋ぎました。

ついでに、デスビ本体とエンジンケースも接続してみました。
アースデスビ


そして、エンジン始動。
始動後しばらく不安定なのはいつもの事です。
チョークが利かない今の時期はアイドリングが落ち着くまではアクセルを踏んでおかないといけません。

ある程度アイドリングが安定したので走ってみると、
劇的な変化はないものの、しばらく走って信号で止まると、アイドリングが100回転近く上がっていました。
昨日900回転くらいに調整したばかりなのに1000回転くらいで回っています。
アース追加の効果なのでしょうか?
燃焼効率が良くなって燃費が良くなれば嬉しいのですが・・・
今後 何回か給油してまた報告します。

とりあえず、バイパスエアスクリューを少し絞って回転を下げて今日の作業は終了。




関連記事

コメント

1303S

おはようございます
お久しぶりです。

2年ほど前に最初にフューエル1を入れたその後は燃費が1割ほど良くなったのですが、今回はまだ変化なしです。
今日、給油して2回目の投入予定です。


ホーン、あんまり使う機会はないけどちゃんと鳴らないのは面白くないですよね。

まず
端子を外して磨く。
接点復活スプレーを吹き付ける。
それでもダメならリレーを割り込ませる。
ホーン自体が生きていればリレーの効果は抜群だと思いますよ。

私は最終的にはバッテリーから直接プラスを引きましたが、リレーを割り込ませただけでもはっきり効果がありました。

では 頑張ってください。

toisi

こんばんは
お久しぶりです。日々精進されていますねー!

自分は電気に著しく疎いのですが、+と-で電気系統は動いている訳で、その-の電気の流れをより確実にするのがアーシングだと理解しています。

燃費に効果があると良いですね。っていうか、自分のはこんなに暖かくなってきたのに先日、給油したら7.3km/Lでした・・なので、ワコーズのフューエルワンの記事も含め、すごく興味深く読ませていただいています。
フューエルワン一度試してみようかと思います。せめて8くらいにはなって欲しいなあ。

GW最終日にして、やっと明日は車いじれそうなので、ホーンのチェックからいきたいと思います。ほとんど鳴らなくなってしまいまして・・

更新するのも大変かと思いますが、いつも楽しみにしています。
非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村