チョークコイル交換の結果・・・

昨日チョークコイルを交換して、まだ検証していなかったので、今朝走ってみました。

チョークコイル表

結果は、
最初の信号と2回目の信号でエンスト。
(外気温は6度でフルにチョークが利いている状態ではありませんが。)
チョークの作動時間も、もともと付いていたものとほぼ変わらず、SOLEX製の古いチョークコイルもまだ使えると言うことですね。

冷間時のエンストはチョークだけの問題だけではないようです。
今日はアイドリングを850回転から900回転に上げて終了です。


本格的な冬はこれからなので、思いつく点をひとつずつ地道に潰していくしかなさそうですね。




関連記事

コメント

1303S

同感です
私も同じような事を思います。
私のビートルの初代オーナーはお医者さんで、往診用に乗っていたらしく、こんなにエンストしていたらきっとヤナセに怒鳴り込んでいたはずです。
だから新車当時はエンストなどは少なかっただろうと思います。
で、40年近く経ち、あちこちが経年劣化で今の状態になってるんでしょうね。
だから原因もあれこれが絡み合ってるでしょうから一つずつ潰していくしかなさそうですね。。。


REXって点滴みたいなやつですよね。
私もピストンやバルブにこびり付いたカーボンなどを一度キレイにしてみたいので興味があります。
結果をまた教えてくださいね。


燃費はやっぱり冬場は悪化しますよね。
私は8~9kmなのでまだマシですか。。。


古い車なのでこれからも手がかかりそうですね。
お互い頑張りましょう。

toisi

こんばんは
長い道のりになりそうですね。

僕の方も大体どのタイミングで止まるかわかってきました。もっと長くチョークが効いていれば、その間に温まるのになあ、と思います。

あまり関係ないかもしれませんが、今度ボーナス入ったら、購入したショップで、ワコーズのREXというケミカルの注入作業をお願いしようと思っています。
インマニやエンジンの内部のカーボンやスラッジを取れやすくしてくれるらしいです。

キャブのOHが先かと思いますが、とにかく時間がなくて。12月は特に・・。簡単にやれることからやってもらおうかと。

エンストする度に、新車当時はこんなしょっちゅう停まっていたのかなーと思います。

ちなみに今日給油したんですが、燃費が6.7位でした。こっちも何とかしたいですねえ。

また結果報告します。夜分長文失礼しました。
非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村