コピーキャブ分解

昨日落札したジャンク品キャブが届きました。

EMPI キャブ
さすが、ほぼ新品なのでとてもキレイです。
パイロットジェットは55番
メインジェットは127.5番でノーマルの34PICT3と同じです。

早速ばらしてみます。

EMPI ニードル

EMPI ニードル戻らず
ニードルバルブを手で押して逆さまにしてみると元に戻りません。
手で引っ張れば戻るのですが、ガソリン入り口のパイプから息を吹きかけたくらいでは戻りませんでした。

以前に買ったOHキットの中に入っていたニードルバルブがあるので取り替えました。
OHキット付属ニードル交換
形も穴の数も違いますが、こっちはスムーズに開閉します。


これは加速ポンプのダイヤフラム。
EMPI 加速ポンプ
新品なので破れもなくキレイです。
ただ、純正品よりゴムのダイヤフラムが薄いです。


あと気になったところは、これ。。。
EMPIスロットルストップスクリュー
スロットルストップスクリューのナットのカシメが甘くネジが空回りして調整不能。
ここで、スロットルバルブの開度を初期設定するのである意味 致命傷かも・・・
ナット部分を手で押さえてネジを回すと何とか空回りせずに回せました。


このキャブの感想ですが、
全体的に作りが雑というか、ちゃちな感じです。

まだ車載していないので何とも言えませんが、純正に勝るものはないのでしょうかね・・・



関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村