アイドリング時の失火 2

ちょっと前からアイドリング時に不定期にブルンと回転が落ちるような現象が現れます。
大きく回転が落ちるわけではないのですが、渋滞でノロノロ運転している時なんかもスムーズじゃないのが気に入りません。


先日からいろいろやっているのですが、デスビ整備後も直っていませんでした。
で、プラグを外してみると、3番だけ黒く煤けていました。
3番


コイルが悪いのなら3番だけ不発っぽいのも変です。
プラグコードの断線かと思って抵抗値を測ってみましたが、4本とも同じ抵抗値でした。
念のため、デスビキャップも手持ちの予備品に換えてみましたが、これもハズレ。。。
デスビキャップ旧


点火系の部品をほとんど変えても改善しないので、いやいやながらジャッキアップしてバルブクリアランスを見てみることにしました。
これはまだ調整して1ヶ月ほどしか経っていないのですが・・・
タペット調整20140923
順番にやっていくと、3番のINがゲージが入らないほど狭くなっていました。
なぜ1ヶ月も経たないうちに隙間がなくなったのかはわかりません。。。
ここから圧縮漏れしていたのでしょうか???
今回は全部のクリアランスを0.15mmのゲージが軽く入る程度に調整しておきました。


そして、キャブを調整して20kmくらい走ってみましたが、調子良くなってます。
タコメーターを見てもアイドリング中にピクっと回転が落ちることもなくなりました。
発進もスムーズになったし、ノロノロ運転時にギクシャクすることもなくなりました。

もっと早く気づけばよいのですが、素人の整備なのでこんなもんですね(笑)



関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村