アイドルアップ じわっと終了

先日取り付けたアイドルアップアクチュエーター 好調です。
アクチュエーター作動時

ひとつ不満なのが、コンプレッサーへの電源が切れてもマグネットクラッチが解除されるまでに少しタイムラグがあり、まだコンプレッサーが稼動中なのに先にアイドルアップが終了してしまい、ガクッと回転が落ちてしまうこと。

これを改善するために、仕事の残り物の部品を使って排気速度を落としてみました。
この部品はエアシリンダーのINやOUTの空気流量を調整するスピードコントローラーという部品です。
スピコン

ソレノイドの排気側にこの部品を噛ますと排気速度が遅くなりじわっとアクチュエーターが縮むはずです。
ソレノイド(アイドルアップ用)
ソレノイドの向かって右のチューブに繋いでいます。

結果は予定通りアクチュエーターがゆっくり縮み、マグネットクラッチが解除されてからアイドリングがじわっと戻るようになりました。

ちょっとした事ですが、スムーズな動作になって運転もしやすくなりました。


関連記事

コメント

非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村