• ビートルの純正灰皿はタバコを吸う私にとってちょうど良い場所に付いています。まだタバコを吸う人が多い時代の車なので、設計者もよく考えて位置決めしたのだと思います。さすが工業デザイナーです。ただ、私のビートルの灰皿は引き出すと勝手にボヨヨンと飛び出してしまい使い物になりません。ストッパー的なものが壊れているようです。前から思っていたのですが、どおせ使えない灰皿なのだから、この場所に何か別の物を付けたら... 続きを読む
  • 古いビートルにはもともとドリンクホルダーなど付いていません。灰皿はあるのですが、引き出すとストッパーが壊れて飛び出してくる始末。以前にもドリンクホルダーや灰皿ホルダーは作った事があるのですが、使い勝手が悪かったりデザインが気に入らなかったりで撤去しました。なので久しぶりにドリンクホルダーを作ってみました。素材はアマゾンで買った自転車用のアルミ製ドリンクホルダー。2個セットで890円なり。これをアル... 続きを読む
  • 私のビートルはアナログの油温計を付けていますが、ノーマルエンジンなので極端に油温が上がる事もなく、夏場のクーラー使用時に80~90度まで上がりますが、それがピークです。冬場はよく上がっても60度~70度。今までオーバーヒートしたこともなく、問題はないのですが、油温計の針がほとんど動かないのが面白くありません。そこで、アマゾンで見つけたバイク用のデジタル油温計を付けてみました。センサーは付属していた... 続きを読む
  • フロントにスピーカーを取り付けて、非常に聞きやすくなって満足なのですが、乗り降りの際にボックスの角が気になるのと、カバーも思ったより厚みがあるので再度削りました。加工前(右)加工前(左)こっちはクーラーの部品と干渉しています。。。ボックスの角は出来るだけ丸めて、尚且つカバーが少し沈み込むように削ってみました。加工後(右)加工後(左)スピーカーのマグネットの関係でボックスの厚さはこれ以上薄く出来ませ... 続きを読む
  • アマゾンからスピーカーが届いたので、さっそく交換しました。外したついでに、パネルの裏側がもう少しボディーに馴染むようにあちこち削りました。あと少し薄くしたかったのですが、雨が降りそうだったのでこのくらいで妥協しました。また涼しくなったら再度削るか。スピーカーはカバー付きが条件で、その中で音が良さそうなパイオニアの10cmにしました。やっぱり10cmは音が小さいですが、音質はかなりクリアでした。低音... 続きを読む
  • 物置を整理したら以前に軽自動車から外した10cmの純正スピーカーと超安物のツイーターが出てきました。これらをビートルのフロントに取り付けてみました。この位置は平らな面が少なく、なかなかうまく馴染みません。出来るだけボディー形状に馴染むように切ったり削ったり、けっこうな重労働でした。作業の残骸です。材料は家にあった2×6の端材と不足分はホームセンターで調達し費用は500円ほど。ツイーターは両面テープ... 続きを読む
  • クーラーが活躍するシーズンになりました。よく冷えて活躍してくれているのですが、何か調子が悪いです。1つは、サーモの反応が悪いのか、コンプレッサーがONになったりならなかったり。もう1つはコンプレッサーがONになった時の負荷が以前より大きい。サーモの方は温度スイッチをガチャガチャ動かしていると動作するので、しばらく様子見。負荷大の方は、ネットでいろいろ検索して、エアコンオイルを補充してみる事にしました... 続きを読む

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村