• ビートル全塗装後に純正ホイールも塗り直そうと思ってアルミホイールに付け替えたのですが、若干ハンドルセンターが狂いました。今まで純正ホイールの時はトー調整は最適と思っていたのですが、同じ15インチでも純正タイヤは165/80でアルミ用が175/65なので外径が3センチほど小さくなり幅も少し広くなるので、その影響でしょうかね・・・また、純正ホイール時は高速でのハンドル振れもなかったのですが、アルミホイー... 続きを読む
  • 暑い中、リアのトーションバーグロメットを交換しました。ビートルに乗ってもうすぐ丸6年になりますが、グロメットの交換はこれで3回目です。こんなに頻繁に交換が必要なのでしょうか?最近、段差を越える時、後ろから部品同士が当たる音が聞こえてくるようになったので替える事にしました。明らかにカバーと接触して痩せています。こうならないようにする何か良い方法はないのでしょうか?2年前に交換したのですが、やり方を忘... 続きを読む
  • フロントの足回りのリフレッシュが完了したので、いよいよリアに取り掛かると。。。早速 洗礼を受けました。何も考えずに右のバンプラバーをちょっと触ってみたら付け根の骨がもげました。リアは車高を下げてないので無くても問題ないような気もしますが、もともとあった物がなくなるのは気分的に良くないので応急処置をしておきました。穴を開けてM10のボルトナットとワッシャーで骨を再生しました。時々脱落してないかチェッ... 続きを読む
  • ここ1か月くらいストラットを弄っていますが、ひとつ気づきました。前にEMPIのロワードストラットから純正に付け替えた時にキャンバーがずいぶん変わって調整したのですが、その時は純正の方が全長が長いからだろうと思っていましたが、よく考えると、着地後の車高はそんなに変わらないのに何でキャンバー角が変わるのか不思議でした。で、二つのケースを並べてまじまじと観察すると、わかりました。ナックル固定部のボルト穴... 続きを読む
  • 先日ショート加工した純正ストラットの続きです。EMPIのロワードの皿を最上段にセットした時と純正ケースの比較は純正の方が皿下が約10mm長い。言い換えると純正の方が約10mm皿が上です。バネの長さが同じなので、予想通りEMPIの時より約10mm車高が上がる結果となりました。純正の車高より少し低くなった程度です。本当はもう少し下げたかったのですが、このケースで車高を調整するにはバネの長さを変えるしか... 続きを読む
  • しつこくストラットを弄っています。先日までの実践で、EMPIのロワードストラットは良くできた車高調なのがよくわかりました。でも、純正のケースを改造すれば、ローダウンと乗り心地の両立ができるのでは と考えて、純正ケースをショート化してみました。純正のショックは分解して使えなくなったので、新たにショックを購入しました。EMPIのショートストロークショックです。なんとこれが、太さは純正ケースにぴったりなので... 続きを読む
  • バネを切った後の乗り心地があまりに悲惨だったので、外してバラシてみました。ショックを分解してみると中から樹脂が粉砕したような粒つぶがオイルとともに大量に出てきました。どうやらショックもダメだったみたいです。結局、EMPI車高調ストラットに戻しました。ただ、今までのバネはちょっとハードな物だったので、また段差が辛いのも嫌なので、悪あがきしてみました。今度はもう一つの純正バネを半巻きカットして、座りを... 続きを読む

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村