サビ転換スプレー

ファンシュラウドを塗装するにあたり下地にさび転換スプレーを使ってみました。

さび転換スプレー

使用前
ファンシュラウド塗装前

使用後
ファンシュラウド塗装後

この塗料自体は透明ですが、塗装が剥げている部分はさび転換剤の威力で黒っぽく変色しています。
これが赤さびを黒さびに転換する効果らしいです。
ファンシュラウド内は複雑な造りなので奥まで届くようにあちこちからたっぷりと吹き付けておきました。

ついでにまっ茶色だったフラップも塗りました。
ファンシュラウド フラップ
あっという間に黒っぽくなりました。

完全乾燥後に上塗りもできるらしいので錆びたボディーの下地用に使えそうですね。




関連記事

コメント

1303S

No title
溶接が出来る人に憧れますよ。
私は配管工事の監督をしていたので周りには溶接職人がたくさんいてちょくちょく車の部品を加工してもらっていました。
資格取れるように頑張ってくださいね。

車はエンジンケースは割らずに腰上OHです。
本当はケースも割ってフルOHしたかったのですが、予算もかかる事なので・・・
車屋さんは一人でやってる店なので完成にはまだまだ時間が掛かりそうです。
私はその間に出来るだけ部品をきれいにしようと思います。
それでは。

toisi

No title
 こんばんは。バラシた状態だと、隅々まで錆が落とせるし、塗れるし、掃除できるし良いですね。車載だと全然きれいにできないですから。
 ほぼエンジンオーバーホールって感じですね、羨ましいです。どれだけ変化があるか超楽しみですね。
 こっちも転職して半年が過ぎ、毎日大変ですが、ちょこちょこいじってます。雨天時にリア左側の床が濡れて雨水の侵入経路を探してましたが、無事見つかり、パテで埋めました。床の錆もPOR塗ってきれいになりました。このスプレーはPORのスプレー版ってとこですかね。
 今は職場で溶接の資格を取るべく仕事の合間に練習する毎日です。車で通勤する時もキャブ調整を兼ねて燃費の良いセッティングを毎日探しています。
 久しぶりにコメントするとやっぱり長くなりますね、すいません・・(笑)
 
非公開コメント

1303S

車は1975年式ビートル1303S。
車も家も出来るだけ自分でメンテナンス。
その延長で第2種電気工事士資格を取得。
最近は鉄の魅力に目覚めて溶接も始める。
何事にも好奇心旺盛です。

アクセスカウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
PVアクセスランキング にほんブログ村